初めてのカンボジア&アンコールワット旅

ハノイでの国際線乗り継ぎ

ハノイ乗り継ぎカウンター画像

ハノイでの乗り継ぎがちゃんと出来るかどうか、出発する前はとても不安でしたが
いざ実際に行ってみると『案ずるより産むが易し』といった印象でした。
このページでは、そんな乗り継ぎの様子について書いてみました。
(以下の項目を順を追ってお読みください)
■ハノイでの乗り継ぎ手続きの様子
■ベトナム航空機内食(軽食)のご紹介
■シェムリアップ空港に到着したときの様子

まずはトランジット(乗り継ぎ)カウンターへ


トランスファー案内看板画像

①飛行機を降り、空港ターミナル中央(2F)へと進みます。
ハノイに到着すると、まずはトランジットカウンターを目指して進みます。
「Transfer」の文字が書かれた看板の通りに進んで行けば大丈夫です。

ハノイ乗り継ぎカウンター画像

②こちらが乗り継ぎカウンターです。
この時は結構混雑していてウェブチェックインのことは聞きにくい雰囲気だったので、そのまま列に並んで乗り継ぎの手続きをしました。(あらかじめ乗り継ぎ便のボーディングパスが発行されていれば、ここは通り過ぎて次のセキュリティチェックへ進みます)

ボーディングパス画像

③シェムリアップまでのボーディングパスが手渡されました。
乗り継ぎ分のボーディングパスは、ほとんどは成田での手続き時に発行されるらしいのですが
今回は成田ではもらえなかったため、ここで発行してもらう必要がありました。
※荷物はシェムリアップまでスルーバゲッジなので、ここでは受け取りません。

手荷物検査へ上がる扉画像

④続いて3Fのセキュリティチェックへ向かいます。
ボーディングパスには「23番ゲート」と記されていましたが、この時は30-36番ゲートへの扉しか開いていませんでした。(もう片方は閉じられていて、全員こちらの扉から3Fへ移動しました)とはいえ上の階で両方つながっているので、どちらの扉から行っても問題はないようです。

手荷物検査案内看板画像

⑤セキュリティチェックへの案内板表示。
ハノイ・ノイバイ空港のセキュリティチェックでは、くつを脱いでゲートをくぐります。入国審査では指紋と顔写真を撮られました。(余談ですが、こちらの空港では「乗り継ぎをする人」と「出国する人」が同じ場所で手荷物検査を受けていました。そのため帰りのセキュリティチェックは大混雑で、荷物を置くカゴが足りなくなるレーンが続出。係員のお姉さんが「MO~~~~!!!」なんて途中でキレちゃうほどの混乱ぶりでした・・・)


手続きの後はいよいよシェムリアップ空港へ!


こちらの空港でも、手続きを終えた後は搭乗開始時刻までゆっくりしていました。
まだ新しくなったばかりの空港なので、各施設やショップなどはとてもきれいでした。

搭乗開始時刻になるとアナウンスが流れ、最初にビジネスクラスから搭乗が始まります。
さすがに少々乗り物疲れも感じるけれど、もうすぐシェムリアップに着くと思うと何だかワクワクしてきました!



ハノイ空港23番ゲート入口画像

ハノイ空港23番ゲート案内板画像


搭乗風景画像


ベトナム航空機画像


ベトナム航空機の軽食と機内の様子


ベトナム航空機内の様子画像

①ベトナム航空機・機内の様子。
今度はやや小ぢんまりした飛行機でした。成田からハノイへ向かう便よりも座席数が少なかったです。各シートにはコンセントの差込口などはありませんでした。

ベトナム航空機内食(軽食)画像

②こちらはベトナム航空機の軽食です。
ハノイ~シェムリアップまでは約1時間45分ほどで到着です。
そんな短時間のフライトでもちゃんとドリンクサービスがあり、続いて軽食が提供されました。
メニューはハム&ソフトサラミのようなものにサラダ、パン、きゅうり(?)のスライス、バニラケーキです。

カンボジア上空からの眺め画像

③いよいよ到着!カンボジアの大地が見えてきました。
途中に水田のようなものが延々と続く様子が見えていましたが、空港に近づくに従って、窓の外の景色もだんだん大地っぽい感じに変わってきました。
この機内では「カンボジアの出入国カードと税関申告書」が配られていました。


シェムリアップ国際空港の様子


飛行機を降りると、すぐにこの素敵な建物が目に入ります。建物までは徒歩で移動です。一気にテンションが上がってきました!
成田もハノイも「いかにも空港施設」といった感じの近代的な建物でしたが、シェムリアップの空港はガラリとイメージが変わって
「南国リゾート」っぽい雰囲気を感じました。



飛行機を降りている所画像

空港建物へ移動中画像


シェムリアップ空港画像1


シェムリアップ空港画像2


シェムリアップ空港入り口画像

①シェムリアップ空港入り口。
飛行機を降りたら建物の方へ徒歩で移動し、ここから中へ入ります。

ビザ申請に並ぶ人の列画像

②到着ゲートを入ったら入国審査へ向かいます。
ゾロゾロと歩く人の列にそのまま着いていったら、間違えて「ビザ取得カウンター」の方に並んでしまいました。(私たちは既に日本でビザを取得していたため、ビザカウンターに立ち寄る必要はありません)入国審査の窓口はビザカウンターの反対側(入って左側)にありました。

カンボジア上空からの眺め画像

③こちらはどうやらビザ取得カウンターらしいです。
ビザ取得カウンターは入って右側にあり、入口から続く人の列はそちらに向かって並んでいたようです。私たちはビザ取得手続きをする必要はないので、係の人が笑いながら日本語で「アッチ!」と教えてくれました。

カンボジアの出入国カードと税関申告書画像

③入国審査を終え、税関申告書を提出して出口へ。
あらかじめ旅行会社から渡されていた出入国カードを添えて入国審査の窓口へ。審査官の女性は威厳たっぷりで、顔写真や指紋を認証している間、何だか睨まれているみたいでちょっと怖かったです・・・別に何も悪いことしてませんけどね(笑)
そして荷物を受け取り、税関申告書を提出してようやくガイドさんが待つ出口へ。出口にはトゥクトゥクもいっぱい並んでいました。さあ、いよいよカンボジア旅行のスタートです!


ビギナー旅行者コンビが綴るカンボジア旅行記・他にはこんな記事もあります!


蓮の花画像

 関連記事 
≫成田前泊~ベトナム航空搭乗手続き
≫桜こえびのカンボジア旅日記 Part.1


↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system