初めてのカンボジア&アンコールワット旅

まずは旅行会社の選択から!

パスポートとツアータグ画像

旅行が決定してからもツアー以外の選択肢は考えなかった私たちですが、 アンコールワット観光を扱っている旅行会社をいくつか比較検討した結果、 ピース・イン・ツアーさんにお願いすることに。(詳細は下の一覧表参照)

決め手となったのは「インドシナ専門の旅行会社」だというところ。 大手主宰のツアーや安価なツアーもたくさんありましたが、私たちは何よりも安心が欲しかったのです。
その点、こちらの会社は専門店ということで現地にも詳しく、他の会社に比べても安心度が格段に上だと思いました。
(実際に行ってみて、それは確信に変わりました。こちらを選んで本当に良かったです!)



ピース・イン・ツアー
ピース・イン・ツアー
ベトナム、カンボジア、ラオス、ミャンマー旅行の専門店。現地オフィスもあり、きめ細やかなサービスが行き届いているという印象。 大手旅行会社のツアーや安価なツアーにはない個人手配型の旅を扱っているのが特徴で、 オーダーメイドの旅や「カンボジアの農村を訪ねる旅」「アンコール遺跡&田舎道を走るサイクリングツアー」などのオリジナルツアーがあります。

心と体を再生させる癒やし女子旅 in アンコールワット
「カンボジアの占い師を訪ねるスピリチュアルツアー」のみを扱っているプログラム。
実は占い師が本業でもある筆者、このツアーにはかなり惹かれましたが、相方さんもいるので女子旅は却下(笑) 遺跡めぐりよりも、スパやヨガ・瞑想などのスピリチュアル体験を求めているならこちらもアリかも。おひとり様旅にも良さそうですね。ただし値段は少々お高めです。

パスポート申請について


①申請は【住民登録をしている各都道府県のパスポート申請窓口】へ
パスポート申請先都道府県ホームページへのリンクはこちら

②申請時に必要なもの
◆一般旅券発給申請書:1通(パスポート申請窓口で入手出来ます)
◆戸籍謄本(または戸籍抄本):1通
◆住民票の写し:1通(※省略出来る場合あり。私は不要でした)
◆パスポート用写真:1枚
◆本人確認用書類

③受取時に必要なもの
◆申請時に渡された旅券引換証
◆手数料(5年旅券:11000円・10年旅券:16000円)


★筆者おすすめガイドブック★ 見るだけでも楽しい一冊です!

カンボジアガイドブック画像

27 地球の歩き方 aruco アンコール・ワット 2015~2016 (地球の歩き方aruco)

■「たびレジ」への登録をオススメします!
【外務省HPより】
「たびレジ」は、海外旅行や海外出張される方が、旅行日程・滞在先・連絡先などを登録すると、滞在先の最新の渡航情報や
緊急事態発生時の連絡メール、また、いざという時の緊急連絡などが受け取れるシステムです。
メールの宛先として、ご自身のアドレス以外にご家族や職場のアドレスも登録できます。

たびレジバナー
外務省海外旅行登録「たびレジ」


期限切れのパスポートが手元になくても大丈夫!


パスポート画像

筆者が海外に出掛けるのは、実に26年ぶりのこと。
パスポートはもちろん既に期限切れでしたが、
申請の際には【以前取得したパスポートの提出が必要】だという文面を見かけ、
「困ったなあ」と思っていました。というのも、度重なる引っ越しのおかげで
「紛失した訳ではないけれど、どこにあるのか分からない」という状態になっていたからです。
でも実際に申請に行ってみると、明らかに期限切れであるため特に問題にはならず
普通に新規申請をすれば大丈夫でした。
申請から受け取りまでの期間は、約1週間でした。

↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system