初めてのカンボジア&アンコールワット旅

旅行中はスマホが大活躍でした


iphone画像

海外でスマホを使うかどうかは人それぞれだと思いますが、私たちはカンボジアに滞在中、
スマホがあってとても重宝しました。(ちなみに二人ともiPhoneを使っています)
私たちが使用したのは以下の機能です。

◆インターネット(PCメール、LINE、Facebook、Twitter)
◆スマホカメラで写真撮影
◆撮った写真をクラウドサービスへアップロード
◆時計、アラーム


海外で何の設定もしないままうっかりメールの送受信や電話などをすると、後から高額な通信料を請求されてしまいます。とはいえ、旅行中に
日本にいる人としょっちゅう連絡を取り合う必要もなく、わざわざポケットWi-Fiをレンタルするほどでもなかった私たち。
そこで、『カンボジアにいる間は電話は使わない』ことに決め、無料Wi-Fiのみを使ってインターネットに接続することにしました。
家族や仕事の関係者には、「緊急時以外はLINEで連絡を取り合う」ことを伝えて出発しました。実際、旅行中は遺跡見学などで忙しく、ホテルに戻ってからインターネットに接続するくらいで充分でした。


無料Wi-Fiを使ってiPhoneをインターネットに接続する方法


海外でインターネットを利用する方法はいくつかありますが、『LINEやSNSでの通信・インターネット閲覧はするけれど、電話は使わない』というビギナー旅行者さんであれば、私たちが実際に行ったこの方法が一番簡単だと思います。


1.出発(搭乗)前にあらかじめ設定しておくこと


『データローミングがOFFになっている』ことを確認します。 ←※ここ重要!(なっていなければOFFに切り替えます)
※データローミングとは、Wi-Fiが使えない場所でも3G・4Gなどの回線を使ってインターネットに接続するというものです。


データローミングオフ画像1

①「設定」を開いて「モバイルデータ通信」をタップします。
※この画像は「iPhone5s」iosのバージョンは「9.3.2」です。

データローミングオフ画像2

②「モバイルデータ通信のオプション」をタップします。

データローミングオフ画像3

③「ローミング」をタップします。

データローミングオフ画像4

④「データローミング」のところが白であれば、設定はOFFになっています。
ここがOFFになってさえいれば、海外で勝手にインターネット通信が行われてしまうことはありません。「モバイルデータ通信」や「4G」「音声通話ローミング」は特にOFFにしておかなくても大丈夫です。
【参考】:Yahoo!知恵ノート「iPhoneを持って海外に行く時の確認事項」


2.搭乗したら「機内モード」に設定を


飛行機に搭乗する時は『機内モード』に設定します。
機内モードとは、「スマホの全ての通信をOFFにする」という機能です。旅行中はずっとこの設定のままにしておけば、電話も使えなくなり
無料Wi-Fiのみの利用で通信料を0円にすることが出来ます。(帰国したら忘れずに元に戻してくださいね)


機内モードオフ画像1

①「設定」を開くとすぐに「機内モード」が目に入ります。
ここを右にスライドしてONの状態(緑)に変更します。

機内モードオン画像2

②「機内モード」がONになりました。
機内モードにすると、左上に飛行機のマークが出現します。これで「全ての通信が遮断された状態」になりました。

機内モードオン画像3

③インターネットには繋がらなくなりました。
機内モードにしたままの状態でインターネットにアクセスしようとすると、こんな表示が出ます。


3.現地に到着したら、使いたい時だけWi-FiをONにします


ホテルなどの「無料Wi-Fiスポット」でWi-Fiを有効にします。
※旅行中はずっと機内モードのままにしておき、その状態でWi-FiをONにします。これで通信料がかからずにインターネットが使えます。


Wi-Fiオン画像1

①「設定」を開いて「Wi-Fi」をタップします。
機内モードは解除せずにそのままにしておきます。

Wi-Fiオン画像2

②ホテルなどの「無料Wi-Fiスポット」でWi-FiをONにします。
Wi-FiをONにするとスイッチのところが白から緑に変わります。

Wi-Fiオン画像3

③「接続するネットワーク」を選択します。
続いて、示されたリストの中から接続するネットワークを選択します。(ここでパスワードの入力を求められる場合もあります)
私たちはホテルにチェックインした時、ホテルのWi-Fi「SSID」とパスワードを書いた紙をもらい、それに接続しました。

Wi-Fiオン画像4

④「接続するネットワーク」を選択しました。
左上に「機内モードのマーク」と「Wi-Fiのアイコン」が出ていることを確認します。
これでWi-Fiスポットにいる間はインターネットが使えるようになりました。
この状態であれば、PCメールやSNS、LINEも無料で利用することが出来ます。
※Wi-Fiスポットを外れると通信は出来なくなります。また、電話は繋がりません。


移動中も地図アプリや翻訳アプリなどを利用したい方に!【ポケットWi-Fiレンタル会社リスト】



【株式会社テレコムスクエア】海外用WiFi「Wi-HO!」
1日当たり390円~/  宅配送料無料!空港カウンターでも受け取ることができます。返却は成田空港の場合はカウンターへ、羽田・関空は返却ボックスへ。宅配返却には料金が必要です。


【株式会社ビジョン】海外WiFiレンタル 「グローバルWiFi」
1日当たり670円~/  国内空港または宅配で受取り・返却(宅配は有料)。地図や翻訳など急に調べたいことがあっても安心。複数人でインターネット環境をシェアすれば格安です!


【エクスコムグローバル株式会社】海外WiFiレンタル「イモトのWiFi」
1日当たり680円~/  宅配送料:全国一律 500 円/台+税、空港受取手数料:500 円/台+税、
本社受け取り無料。返却は空港カウンターと本社は無料、宅配は有料。


【エクスモバイル株式会社】海外でインターネットするなら「海外WiFiエクスモバイル」
1日当たり550円~/  宅配送料:全国一律 540 円/台、ゆうパケット送料無料、空港カウンター 手数料1080円/台。返却にはポスト返却:360円(2台まで)など料金が必要。

↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system